投資|ウエストスタート株式会社は、神奈川県横浜市の中小企業診断士による経営コンサルタントです。

ウエストスタート株式会社
中小企業診断士による​ブルーオーシャンコンサルティング

投資(投資ファンドからの投資)

投資ファンドの種類
投資ファンドなんて上場企業や大企業の世界(関係ない)と思われるかもしれませんが、成長が期待できる企業に投資を行うベンチャーキャピタルファンドや、雇用含む地域経済に貢献してきたが経営不振に陥っている企業へ投資を行う再生ファンドなど、未上場の中小企業を投資対象とするファンドも数多く存在します。

また、某ドラマの影響でハゲタカを連想される方もいるかもしれません(バブル崩壊後にそういったファンドが一部存在していたことも事実ですが)。現在においては中小企業を対象とするファンドの運営母体は公的機関や銀行が多いため、むしろ経営のパートナーとして新規取引先の紹介や人材採用など前向きなサポートを受けることが可能です。
融資と投資の違い
投資は基本的に返済不要の資金ですが、万能の資金調達手段というわけではありません。

リスク見合いの高いリターン(公的機関が運営するファンドでも年率5-10%程度のイメージ)が求められ、KPIや財務3表(PL,BS,CF)が連動した高度な事業計画書、資本政策表、株主間契約など、専門性の高い知識や書類が数多く必要です。

審査期間も半年程度を要し、長期戦となります。
なお、公庫や商工中金には、融資と投資の中間的な性質を有する資本性ローン(5-15年後に一括返済)という商品もあります。




投資ファンドから投資を受けるまでの流れ

STEP.1

弊社へのお問合せ(メール/電話)と
コンサルティング

事業内容や今後の戦略、決算書などを確認した後、投資を受けられる可能性や必要書類の作成、バリュエーション(株価水準)、タームシート(投資を受ける上での主要条件)などについてアドバイスを行います。

※必要書類(事業計画書など)の作成をご依頼いただくことも可能です。

STEP.2

投資ファンドのご紹介

コンサルティングでお聞きしたビジネスの概要を踏まえ、投資を受けられる可能性がありそうなファンドをご紹介します。

STEP.3

投資ファンド担当者との面談・審査

投資ファンド担当者との面談には、弊社コンサルタントも適宜同席の上、専門的なアドバイスや補足説明を行います。なお、各種契約書類の作成(弁護士)や種類株式の発行に伴う定款変更(司法書士)などの専門家をご紹介することも可能です。


お問合せフォーム

PageTop