事業計画|ウエストスタート株式会社は、神奈川県横浜市の中小企業診断士による経営コンサルタントです。

ウエストスタート株式会社
中小企業診断士による​ブルーオーシャンコンサルティング

事業計画

B.O.コンサルティング事業計画の特徴

融資(日本政策金融公庫の制度融資)、補助金申請では事業計画が必要となります
弊社では、こうした事業計画作成のサービスを行っていますが、B.O.コンサルティング事業計画では以下に挙げる特徴があります

特徴1

ブルーオーシャン戦略に基づく事業計画

市場にパイを取り合うのではなく、顧客と新たな市場を作っていくという考えに基づく事業計画です。そしてその源泉となるのが「好きなことをやる」です。

特徴2

社長に気づきを与える事業計画

社長が普段から整理できていなかったこと、将来ビジョンや将来計画でモヤッとしていたことに対して、「これで良かったのか」という気づきを与える事業計画です

特徴3

社員全員が納得する事業計画

社長の想いがこもった事業計画は、読む人の心に訴えかけます。
心に訴えかける事業計画は、金融機関、行政だけでなく、社員全員の方向性が一致します

B.O.コンサルティング事業計画の流れ

事業計画フロー

B.O.コンサルティングに事業計画作成のポイント

3〜5年後のイメージを作る

事業計画を作成する時に最も大事なのが、未来のイメージを作ることです。
何故イメージを作ることが重要なのでしょうか。
実はイメージの力というのは何か成し遂げる時にはとっても大きな力を発揮するのです。
スポーツなどではよくイメージトレーニングをおこないますよね。自分の中で良いイメージを描くとそれらが現実化するということは実際に起こっていることなのです。
経営の分野でも同様です。成功している経営者のほとんどの人は、会社の事業イメージを描いています

顧客が本当に困っていることは何か

ではどうやったら未来のイメージを作ることができるのでしょうか。
会社がどの程度儲かって、どれくらいの規模になるかというイメージも当然ありますが、ここで大事なのは、顧客との市場創造のイメージを作ることだと考えます。
顧客との市場創造とは、顧客第一主義とも少しニュアンスが異なります。
顧客の都合を全て優先するのではなく、顧客が本当に困っていることを、自社のサービス・商品を使って解決するものです。
本当に困っていることの解決を掘り下げていくと、市場創造になると考えます。

自社の強みを第一優先とする

自社の強みとは何でしょうか。
よく耳にするのが、自社に強みはないという経営者の声を聞くことがあります。
しかしながら、その会社が事業を行っているということは、必ず強みがあると言うことです。もっと言ってしまうと、その会社が背負っている社会的な宿命は何かと言うことです。そこに会社の方向性の答えがあると考えます

B.O.コンサルティング事業計画の期間と費用

事業計画作成にかかる期間は通常1ヶ月程度、特急対応の場合2週間程度です。
以下の表は、融資、補助金、各種認定にかかる費用です。
融資を受ける際の事業計画作成費用

※完全成功報酬です
※経営革新認定取得の場合は、経営革新認定費用を差し引きます
融資額の3%(税抜)
(例えば2000万円の融資の場合、2000万円x3%=60万円)
補助金を受ける場合の事業計画作成費用

※完全成功報酬です
※経営革新認定取得の場合は、経営革新認定費用を差し引きます

補助金交付決定額の11%(税抜)
但し最低金額10万円

(例えば200万円の補助金の場合、200万円×11%=22万円)
経営革新認定取得に関する費用

※完全成功報酬です
20万円(税抜)
経営力向上計画認定取得に関する費用
先端設備導入計画取得認定に関する費用
BCP計画認定取得に関する費用

※完全成功報酬です
10万円(税抜)
お問合せフォーム

PageTop