コンサルティング現場の議事録作成について|ウエストスタート株式会社は、神奈川県横浜市の中小企業診断士による経営コンサルタントです。

ウエストスタート株式会社
中小企業診断士による​ブルーオーシャンコンサルティング

B.O.コンサルティング<議事録作成について>

B.O.コンサルティング事業改革では、コンサルティングレポートを作成した後、社内でプロジェクトチームを立ち上げて毎月1〜2回の会議を開催致します。その会議の進め方は様々なで、弊社コンサルタントがファシリテートすることもあれば、事業者の従業員がファシリテートするケースもあります。会議では、ホワイトボードを使って会議内容の記録をとりますが、B.O.コンサルティングではそのホワイトボードの記録をまとめる議事録作成は、事業者の方にお願いしています。お願いする主な理由は以下の通りです
チェック社内コミュニケーションを活発化するため
議事録を従業員が作成し、その作成した議事録を共有することで、従業員同士のコミュニケーションがとれます。議事録を作成する手順としては、まずホワイトボードだけの情報を清書するだけでは議事録にはなりません。その会議の目的は何なのか、会議で何を話されたのか、誰がどんな意見を言ったのか、そして最後にどんな結論となって、次回までに何をしなければいけないのか。そうした点をまとめて報告するには、発言をした人の立場に立って考える、そうするとその人の考え方や、想いがわかってくる、それも大事なコミュニケーションだと考えます
チェック事業計画への参加意識をためるため
コンサルティングレポートで事業計画を作成して、その後事業改革をスタートします。そして約1年間をかけて、その事業改革の結果を報告してもらうのですが、最初に作った事業計画を基にして、次年度の事業計画を作成するする必要があります。次年度の事業計画については、事業者内で作成してもらうのですが、その際にこの議事録が役立ちます。次年度からはコンサルタントが作った事業計画ではなく、皆で作った事業計画ができあがるわけです。こうすることで、事業計画作成への参加意識が高まります。
チェック人材育成のため
業種を問わず中小企業の従業員は現場の仕事に追われています。製造業であればものづくり現場、サービス業であれば接客など、日々の生産活動を行っています。一方議事録作成は、普段の現場とは違う視点で考える必要があります。自分の現場仕事を俯瞰でき、あらたな気づきが得られます。真の人材育成とは人から言われて変えるのではなく、自分が気づいてアクションすることだと考えます
お問合せフォーム

PageTop