補助金獲得のポイント|ウエストスタート株式会社は、神奈川県横浜市の中小企業診断士による経営コンサルタントです。

ウエストスタート株式会社
中小企業診断士による​ブルーオーシャンコンサルティング

補助金獲得のためのポイント

事業系補助金とは

補助金とは返済不要の資金調達です。補助金額100万円、補助率2/3という補助金であれば、150万円使った場合、そのうち100万円が国からもらえるというものです。この場合は、200万円使っても最大で100万円補助されます。多くの補助金は審査があります。申請時に提出する事業計画書の内容次第で採択か不採択が決まります。多くの補助金は、事業でお金を支払った後に補助金を受け取ることができるので、先に資金が必要となります。

補助金の目的について

補助金の公募要領には必ず事業の目的が書かれています。その補助金を交付する目的であり、どんな事業に対して資金を投入するかが記載されています。
補助金はその目的に合う事業でなければ補助金をもらえることができません。例えば例に挙げると、ものづく補助金であれば、新たな設備投資をして、中小企業の生産性向上を行うことが目的となっています。よって、申請書に記載する事業計画では、設備投資から得られる、生産性向上の事業計画を記載する必要があります。

<ものづくり補助金の例>
製造業が新たな設備を導入して、新しい商品を開発する事業を実施する。その時の設備投資にかかる費用が補助されるというもの。

補助事業対象者について

補助金は基本的には中小企業であれば受けられるものですが、補助金によっては受けられる事業者とそうでない事業者がある場合があります。例えば小規模持続か補助金では、受けられ受けられる事業者は小規模事業者に限られています。また、東京都が実施している創業補助金では、創業5年以内の事業者にかけられています。このように自社が対象者になっているかどうかの確認が必要となります。

補助対象経費について

補助金によって、対象となる経費が異なります。人件費が補助されるののだったり、また設備投資しか補助されないものだったり、全て補助金によって異なります。その中で特に注意が必要なのが、パソコンなど汎用的に使用できるものは、補助対象経費にあてはまらないケースが多い場合があります

補助金をどこで調べればいいか

こうした補助金は何処で調べれば良いのでしょうか。補助金の公募本は経済産業省、中小企業庁、各都道府県、各市町村等です。その場合これらの行政団体が各補助金の告知を大々的に報じているわけではありません。2020年の頃中では、持続日給付金など多くの事業者に知ってもらいたい補助金の場合はテレビ広告や新聞広告等を広く認知してもらうための施策を行っておりますが、そうでない通常の補助金であればそこまでは告知していません。
よってどんな補助金があるかは各事業者が各行政機関の補助金を記載してあるサイトなどを閲覧する必要があります。
経済産業省
リンク先
中小企業庁
リンク先
生産性革命推進事業〜中小企業基盤整備機構 リンク先
Jnet21〜中小企業基盤整備機構 リンク先
東京都補助金事業 リンク先
神奈川県補助金事業 リンク先
お問合せフォーム

PageTop